カテゴリ:Diploma Stage( 12 )

Operations Management

Operations ManagementというとSupply Chain ManagementやToyotaのJust in Timeとかが思いつきますが、そうではなく、どんな職にしても「Operation」はどうやったらうまく行くでしょうかということを中心とした授業で、なるほど製造業以外でも大切ポイントなのだな、ということを考えさせられました。

もちろんSCMもJITもカヴァーされたのですが、教授がService Management専門の方だったこともあり、Serviceに関するOperationの説明が比較的多かったと思います。試験前に日本から持ってきた「MBA」の参考書のOperations management部分を見たのですが、やっていることがかなり違いました。。。

学期途中にはパワーポイントを使ったポスター発表というものがあり、グループに分かれて興味のあるOperationを選び、分析してスライドにし、提出(Presentationではない)という課題が課されました。いつものとおり、学校側がグループを決めるのですが、蓋を開けてみたら、日本人だけ三人のグループ。良いのか悪いのか分かりませんが、とても楽なグループワークでした(笑)。ちなみに私たちはマンチェスターのシネコンを取り上げ、平均点ぴったり(笑)。

試験は前年と変わり、一週間前にケースが渡され、それについて答えるというもの(試験当日、新しいケースが渡されます)。Shoudiceという病院のOperationについてのケース(=Service operation)で、その筋?では有名なケースのようでした。A4一枚、フォントサイズ10p以下という制限付持ち込み可能な半Open bookの試験で、いかにA4に詰め込むかでみんな格闘していました。ちなみにTimes New RomanよりAriel Narrowのほうが文字数が多く入れられます(笑)。

人気blogランキングに登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2008-04-13 23:20 | Diploma Stage

MIS

Management Information Systemというのですから、会社にITを導入し、成功させるためにはどうしたらいいのでしょう?というのがポイントだと思うのですが、どうもポイントから逸れた、期待外れな授業でした……。

Business StrategyとIT strategyは方向性が一致していなければいけませんね、ということにかなり時間を割いて強調していていましたが、その割にはIT導入のケース分析が少なかったり。後半はKnowledge Mangementに話が集中していましたが、実際的かというと……?

クラス・プレゼンテーションもあったのですが、概要の発表が遅く、しかも締切の集中していた最終週だったため、かなりやっつけ仕事で終わらせた感が……IT系出身の人がねじ伏せたというか(苦笑)。

今年から前半と後半で教授が変わるシステムになったので、それが混乱の一因のような気もします。付け加えればKnowledge Managementの話の一環でコンピューターサイエンスの教授がゲストとして一コマ受け持ったのですが、詳しすぎて私にはまったくついてゆけない世界でした。。。クラスメイトが「俺の前職はIT系だけど、今日の話は全く分からなかった」と言っていたので、ま、しょうがないでしょう……そんなMISでした。

よろしければクリックください。人気blogランキングに登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2008-04-13 02:11 | Diploma Stage

Strategy

今学期の授業の中では一番面白かった気がします。経営戦略ということでPESTから始まり5 Force、BCG Model等々、一通りのフレームワークを学んだでしょうか。フレームワークで何事も考えてしまうのはキケンな気がしますが、考えるきっかけを得るためには良い道具だと思います。

Strategyに一つの正解はないのですが、ただこの教授はちょっと正解がなさすぎだった気もします。授業全体がふんわりと流れていくような……特に教授のお好みのMission Vision Value、Corporate reputationに関しては授業は面白かったのですが、試験勉強に関してはあまりにも漠然としすぎていて、準備に苦労しました(ので最終的に捨てました。。。)。それにしてもMission、Vision、Valueの明確な定義って何???

それからコースの最後ではグループ・プレゼンテーションがあります。任意の一社を決め、そのStrategyについて分析するというもの。インド人二人、ペルー人二人に日本人一人(=私)というなんともイイ加減なチームが決めたのはなんとPlayboy。クラスでの話題をさらった?グループワークでした……時間がかかって、一番非効率的なチームでしたけど(涙)。

人気blogランキングに登録してます☆彡
[PR]
by meena_s | 2008-04-04 11:20 | Diploma Stage

PMO - People Management and Organization

おおまかに言って前半がOrganization behaviour、後半がOrganization designに分かれての授業。OBではTeamやMotivation、Leadership、Organizational learningなどを学び、ODでは環境と組織構造をいかに合わせるべきかということを学びました。

毎週二回Workshopがあり、グループごとにケースについて発表し、Discussionをするというもの。プラス、LectureごとにClass Presentationがあり、ボリューム満点、試験準備が一番大変でした。

ケースはNASA、TOYOTA、GEが目立ったもの(試験でもこのあたりが聞かれました)だったと思います。まぁケースを扱うとはいえ、どちらかというとアカデミック寄りの授業で、特にOrganization behaviourではセオリーやモデルが理解できず、難儀しました。ネイティブでも「言葉が良く分らない……」と言っていたので、ノンネイティブが分からないのは当然ともいえるでしょう。。。

この授業を基にして来期のMIBS(Managing Internationally across Business Sytems)が行われるそうで、このPMO系の授業がまだまだ続くのかと思うと、なんだかため息をつきたくなってしまいます(苦笑)。

人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2008-04-02 21:50 | Diploma Stage

Winter term 終了

本当にあっという間に冬学期が終わってしまいました。この早さは秋学期以上、私の気分はまだ一月半ばです(苦笑)。

冬学期に学んだ教科やグループワークを列挙しますと……

- PMO (People Management and Organization)
Workshop group presentation
Class Presentation / Exam

- Strategy
Group presentation / Exam

- MIS (Management Information Sytem)
Group presentation / Exam

- Operations management
Group presentation (poster) / Exam

- M&A project (Group work)

- Community Project (Group work)

それぞれのグループが違うため、計七つのグループに一学期で所属していたことになります。それは忙しいわけですわ……。

現在、試験も終わり春休み中ですが、出来不出来は別として(汗)前学期よりは「やりきった感」が強くあります。これは一所懸命支えてくれた日本人クラスメイトたちのおかげです。ありがたいことです。

前学期に引き続き、今学期も一つ一つ感想をまとめてみたいと思います。

変わらず人気blogランキング登録中です☆彡
[PR]
by meena_s | 2008-04-01 23:03 | Diploma Stage

M&A Project

秋学期から続いているM&Aプロジェクトが山場を迎えています。

このプロジェクトは「イギリスの大企業になりきり、どこかを買収検討する」というもので、講義はあるものの、基本的にはグループが手探り状態で進めていきます。大まかに四段階のステップがあり、Valuation(なりきった企業の企業価値を算定)、Ranking(買収検討先を選定)、Negotiation(Lecturerが買収先企業になり、交渉)、Justification(結果報告)となります。現在はRankingの段階です。

当初はM&Aの世界観がまったくわからず、また八割方がFinanceの話なので、(数字への)苦手意識も手伝って、かなりストレスを感じるプロジェクトでした。「これはいかん!」と思い、年末帰国の折にM&Aに関する面白そうな本を買ってチラチラと読んだところ、やっと(なんとなくですが)世界観が見えてきて興味がわいてきたところです。やはり「興味」というのはモチベーションとして大きいですね……私は特にそう、興味のあるものとないものへの関心の差がひどいって昔言われましたっけ(苦笑)。

ちなみに私の読んだ本は「不思議の国のM&A - 世界の常識、日本の非常識(牧野洋/日本経済新聞出版社)」。ビジネスへの入口がこのMBA(つまりイギリス)の私にとって、「日本ってこうなんだ!」という発見も多々ある本でした。ちょっとオススメです。

懲りずに人気blogランキング登録中です☆彡
[PR]
by meena_s | 2008-02-03 20:07 | Diploma Stage

Management Accounting

一言。Nightmare!

……冗談ではなく、本当に訳の分らないまま授業が始まり、続き、終わり、試験に突入し、討死でした。。。

こちらの捉え方が悪かったのかもしれませんが、なにがやりたいのか、なにを伝えたいのか、さっぱりわかりませんでした。体調を崩し、Revisionの授業を欠席してしまったのですが、クラスメイトによると、Revisionすら何がやりたいの分らなかったそうで……。しかも試験前に配られたSample examとは全く違う問題が出され、まさに討死という言葉がぴったりの状況に陥りました。。。現時点で結果は出ていませんが、Financial accountingと合わせてAccountingの点が出るので、ギリギリでパスできていることを切に願っています……。

この結果を受け、一点ものすごく反省しました。授業で配られた計算問題が出来ていたこともあって、わかったようなつもりになり、分っていないことにあまり気が付かなかった気がするのです。もう少し全体像を見渡して何が分からないのかをはっきりさせ、追及することが大事だな、と(当たり前のことですが……)。なにしろ日本に帰国後、日経を読み、予算策定のミスが大損失を生み出したなんて記事を読んで、やっと管理会計の実務上での意味を飲み込めたような次第で。。。全体像を掴むを今後の最重要課題にしたいところです。


人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by Meena_s | 2008-01-18 06:51 | Diploma Stage

Financial Accounting

しばらく間があいてしまった上、もうWinter Termが始まっていますが、前学期の感想を続けてUPしておきます。

会計の基礎部分(Financial statementの基本的な見方等)はPre MBAで終わり(=成績評価はなし)、Ratio等から始まり、Pension、Lease、Group accountingなどが主にカヴァーされました。

この教科は昨年と教授が変わり、新しい方を迎えました。Attractiveな人間性で私はけっこう好きだったのですが、この教授の考え方(いわく「君たちはマネージャーになるのであって、会計士になるわけではないのだから、計算ではなく理念を理解しなさい。会計士ときちんと話せるようになりなさい」と。納得。)に昨年の教授のやり方を無理やりプラスしようとしている感じがあり、ちょっと混乱を招いていたような気がします。。。これまたもったいない。

試験に関しては、試験前にSample examが配られ、これとほぼ似たような問題がでたので、助かりました。

数回にわたってワークショップ(つまり補講)を開講したりと、熱心な教授だったと思います。


人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by Meena_s | 2008-01-18 06:49 | Diploma Stage

Corporate Finance

Corporate Financeは数学がダメな私にはかなりしんどかったです。ただ「道具としてのファイナンス」という非常に分かりやすい本を発見したので、これにかなり助けられました。オススメです。

この教授、Handout(Slides)がとても良く出来ていて、わかりやすかったのですが、授業の説明が下手で、学期中、かなりの学生から不評を買っていました。これに関して個人的には「不器用でもったいない」と思ったのですけど。。。

成績は評価の40%がグループ・レポート(DCFを使っての企業プロジェクト分析)と残り60%が試験で付きます。この試験は持ち込み可でした。持ち込み可の割には出来が振るわなかったのがイタイところです。。。結局、英語が苦手なのもひとつですが、数学への苦手意識というのも私には重荷になっていたような気がします(これではMBAでは救いがない。。。)。なんとかパスしていることを祈ります。


人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-12-22 12:35 | Diploma Stage

Marketing

Marketingは前半と後半で教授が変わり、前半は主にB2B、後半はB2Cが中心になりました。前半の教授はマッキンゼーにいたこともあり、アカデミック・プラクティカルの両面が上手く組み合った、良い授業。毎週、ケーススタディのグループ・プレゼンテーションがあるのですが、この教授は非常に的を突いた突っ込みとクラスを上手く巻き込んだディスカッションをするので、毎回面白かったです。

後半の教授はアカデミック中心。B2Cで身近に感じられる話題が多いので面白かったとはいえ、プレゼンへの突っ込みはいまいち盛り上がりませんでした。

というわけで、成績評価はグループ・プレゼンテーションと4000wordsの個人レポート。レポートの今年のお題は課題論文を読み、適宜な一社を取り上げてその論文の主題(主にCustomer Relationship Management)についてDiscussせよというものでした。

Marketingは答えの出ないものなので、「これこれを学びました!」というのが非常に難しい教科だと思います。しかもこの授業ではサワリのみなので「Marketingってこんなものかな」というのが感想です。

……グループ・プレゼンが終わってしまうと、残りは個人レポート(しかもお題発表が早い!)なので、どうしても授業へのモティベーションが下がってしまったことを告白しておきます。。。すみません。


人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-12-22 12:34 | Diploma Stage