カテゴリ:MBA準備( 7 )

健康に留意して……

a0103010_1301352.jpg

いよいよ明日からMBAが始まります。といっても九月の三週目まではいちおうPre MBA StageということでRegistrationやらAccountingの基礎やQuantitive methodsなどがメイン。話では九月はまだ緩い、とのことですが、小心者なのですでにドキドキです(笑)。

サマーコースが終わっての二週間の休みでオーストリアとスイスに旅行に行ってきました。スイスのツェルマットでは山のかなり上のほうまでリフトで上がってきました。3000メートル級の山の上まで楽々と行けてしまうことを思うと、人間の知恵と力というのはすごいものだな……と考えさせられます。そして「多少のお金と健康さえあれば、いろいろなことが楽しめる」ということを改めて思いました。MBAに進んだということは、この先、どこか就職先があるはず(かなり楽観的に考えて/笑)。あとは健康に留意すること! と肝に銘じる旅行となりました。がんばります!

人気blogランキング登録中です☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-09-03 01:32 | MBA準備

Lazy person

Manchesterに来て二ヶ月、ようやく銀行口座を開設しました……。

まだ開設してないの?とサマースクールのクラスメイトにも言われたのですが、基本的になまけモノなので、一度「面倒だな」と思ってしまうと、ずるずると先延ばしにしてしまいます。トラベラーズチェックで生活費を持ってきたので、急いで銀行口座を開く必要性がなかったことと、引越しして住所が安定してからにしようと考えたことも理由です。

それからもうひとつ、先延ばしにしていた理由は優柔不断で銀行を決められなかったこと。クラスメイトの話を聞いているうちに、どこがいいのか決めかねて……結局、Lloyds TSBにしましたが、クラスメイトの誰もここで銀行口座開いていないのでは?……話を聞いた意味がありません(笑)。

Lloydsにした理由は、アメックスのトラベラーズチェックの交換を手数料無しで出来たことがきっかけです。この折、なんとなく口座開設のことを聞いてみたところ、応対が非常に感じよく、また支店(Deansgate St沿い)の雰囲気が「ヨーロッパ」を感じさせるもので気分が良かったことが決め手でしょうか。はっきり言って口座のメリットとか考えていませんね(苦笑)。ただ応対が丁寧だったことから予想されたように、手続きも面倒なことはなく、学校からのReferenceとパスポートのみでスムーズに開設できました。担当者も親切丁寧でした……訛りはかなりきつかったですが(笑)。

これからカード類がちゃんと届くか(ここでトラブった人もいます)等々が気になりますが、とりあえずLloydsの対応は悪くなかったということと、自分の怠惰さをもう少しなんとかせねば、と思ったことでした。

よろしかったらクリックください! 人気blogランキング登録中です☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-08-22 01:43 | MBA準備

出発準備 荷物など

出発前一週間を切り、カウントダウンが始まりました。

先日、MBSの卒業生の方が「合格者の集い」という壮行会を開いてくださり、同級生たちと顔を合わせることができました。今年のMBS日本人入学者はなんと十人! 一大勢力です。

同級生たちの間での中心話題は「住む所はどうする?」「荷物はどうやって送る?」。住む所に関しては、私は学校の目の前にある民間の学生寮を申し込みました。家賃が若干高いのが難ですが、学校からの近さと、部屋にキッチン・トイレ・バスが有り、ほぼフラットを借りるのと同等の生活が送れそうなのが決め手です。単身渡航は住居の点は決めるのが楽かな、と思います。家族同伴だと、どうしても寮というわけにはいきませんからね。

それにしても、まだ申込み段階(といっても一週間以上前にEMSで送った書類は届いているはずなのですが)、入居できるかどうか解らないので、荷物を送り出すことはできません。ヤマトなどの海外引越便を使えば、住所が決まるまで保管していてくれるサービスがあるらしいのですが、いかんせん段ボール20箱以上が引受基準のよう。。。いくらなんでも単身でそんな荷物はありませんがな。結局、郵便局の船便もしくはSAL便を使い、住所が決まり次第、実家から送ってもらうことになりそうです。

発送にあたって内容物の記載が必要なのですが、これが通関用invoice並の詳細さが必要なのか? 郵便局の窓口に聞いたところ「最近、通関は厳しいので、なるだけ細かいほうがいいと思いますが……でも詳しいことは税関に聞いてみてください」……なんて使えない答え!!! しょうがないので、奥の手、窓口業務をしていたことのある郵政省もとい郵政公社勤めの友人(いまの業務は国際物流メインだし)に聞いたところ、「多種に亘るなら代表的なものを書いてればいいよ」との返事。私はコレを信じることにします(笑)。

さて海外生活初めての身には、いったい何を持っていくべきなのか……どうも見当がつきません。物価+ポンド高を考慮してなんでも持っていってしまいたいのですが、送料を考えると?ですし。とりあえず、先輩からアドヴァイスされた「日本でなければ手に入りにくいもの」を中心に据えています。そう、特に文房具は大切なようです……「イギリスのセロテープは付かない!」と言われました(笑)。

お役に立てば、クリックください! 人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-06-17 16:16 | MBA準備

出発準備 VISAなど

書きそびれていましたが、6月25日にスタートするサマースクールに参加するため、6月21日に出国となりました。

引き継ぎというか、なんとなくダラダラと居続けた感もある(?)会社を5月末で辞め、さすがに6月。準備も本格化してきています。まずは書類関係を手配することから始めました。

○航空券

格安航空券の復路を捨てるというのは何故かできないため、片道航空券を買う予定でした。希望はシンガポール経由のSQ(=シンガポール航空)。経由地シンガポール(大好き)で一泊遊んでいこう!というプラン。……が、考えてみると、私は結構な数のUAマイレージを持っているのですね。問い合わせてみたら、なんとヨーロッパまでビジネスにも乗れてしまう! 荷物も多いし、いっそビジネスで……と思いましたが、すでに席が無く、エコノミーと相成りました。予約時点で往復取らねばならないので(でもこちらは復路捨ててもOK!)12月に帰国便を入れました。日本食が耐え難く恋しくなったら帰ってまいります~。

○クレジットカード

もちろん持ってはいるのですが、マイレージで航空券代が抑えられたことに気を良くし、UAのクレジットカードを作ってしまいました。学校や寮のデポジット(それなりの金額です)をクレジットで払うので、お得になるかな、と思っています。もちろん円建てなので、為替損益が気になるところではあるのですけど。

○お金

シティバンクを使っているので、海外送金とトラベラーズチェックで済ますことにしました。授業料や寮の家賃は海外送金、生活費はトラベラーズチェックです。前月だか前々月の預金残高が100万円以上あるとトラベラーズチェックの作成料無料とかいろいろとメリットがあるので、ありがたいです。あとはポンドがもう少し下がってくれるのを祈るだけ。。。

○VISA

イギリスの場合は楽だと思います。1)学校が出してくれる入学許可書、2)銀行の通帳(月次報告書)六か月分、3)大使館側の書類、4)写真、5)パスポートを持って半蔵門の英国大使館へ。午前中申請で午後には受け取ることができます。

しかしVISA発給のプロセスや基準はよくわかりません。まず1)2)は必ずコピーを持参のこと、とWEB上に明記されていたのですが「原本を見ますので、コピーはお持ち帰りください」(月次報告書は結構な枚数があったのに! そこらに捨てるわけにもいかないし……)と言われ、それから5)パスポートは旧パスポートも必要、とあったのをすっかり忘れていましたが、OKでした。そして6)書類。ちょっとわからないところがあったので、聞いて記入をしようと思っていたら、「特に記入漏れはありません」……そうなんですか。

今回、私が貰ったVISAは2009年10月末まで。MBSでは「International Buisness Project」というものがコースのメインでありまして、実際の企業をコンサルティングするため、世界各地を飛び回る(らしい)のです。しかしこの時点(2009年1~3月)でVISAが三か月残っていないと、イギリスに再入国できなくなります。そのため学校の入学許可書にも「7月のGraduation CeremonyまでのVISAを支給してもらうように」みたいな一文があります……Graduation Ceremonyの時点で残り三か月と勘違いして発給されたのでは???(ありがたいことではありますが/笑)

そんなわけで、よくわからないなーというのがVISA発給でした。でも列に並んでいる人で、「Conditional」な入学許可書のため、六か月までしか出せません、なんて人もいましたし、なんだか分からない理由で(主に外国人)断られている人もいました。当たり前かもしれませんが、それなりの基準はあるようです。……けど、そんなに心配することはないかなーというのが印象です。

それから「朝早く並ばなければいけない」なんてことを聞きましたが、そんなことはありません。私は10時に行って余裕でした!

○留学保険

イギリスへの留学生はNHSという日本の国民健康保険みたいなものに全員入れるので、要らないよ……と保険に入った後に先輩に言われてしまいました。もちろんNHSの存在は知っていたのですが、あまり使えないとも聞いていたので……でも結構使えるそうです。今年一年は入りましたが、来年は再検討ですね。

保険会社のパンフレットにあるような「ありもの」(いわゆるセットもの)の保険が一番目につきますが、地元やネット上での保険代理店が意外とパンフレットにないような良いプランを持っています。私もこういった保険代理店のものを使い、当初の予算の二割安ぐらいで済みました。問い合わせてみることをオススメします。

お役に立ちました? クリックください! 人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-06-10 16:00 | MBA準備

ネットワーク 2

昨日はMBA友の会が主催する「GOOD LUCK PARTY 2007」に参加してきました。今年、MBAに進学する新入生の壮行会(というわけで、お祝いされる身でした! ありがとうございます)ですが、Candidate、Applicant、Holderその他、MBAに関わる人々の交流会で、非常に楽しいひとときを過ごしました。

やはりというか、なんというか、私はヨーロッパに行く方々と話すことが多かったのですけど、アメリカ・アジアに行かれる方とも交流を持つことができ、ネットワーキングって楽しいものだな、としみじみ感じることができました。昨年はあえて絶っていたのにも関わらず……(苦笑)。

またこの場では偶然?MBSへ行く同級生とも会うことができました。今年は日本人が多いのかも! 近く、MBS日本人卒業生が主催してくださる壮行会があるのですが、そこで何人の同級生がいるかわかるはずです。

ネットワーキングといえば、前回エントリでアクセスできないと書いた学校のオンライン・コミュニティ「MBSNet」へのアクセス・パスワードがついに送られてきました! なんでも私のメールアドレスを間違えて入力していたそうで……嗚呼。これが判明するまでにひと月以上かかるのです。ラテン系の国ではありませんが、イギリスもやはりあなどれません。。。

人気blogランキング登録中です☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-05-28 22:32 | MBA準備

ネットワーク

しばらく間をおいてしまいました。この間、MBAネットワーキングを少しづつ始めました。

以前にも書いたとおり、受験期はネットワーキングから少し距離をおいていたのですが、進学校が決まり、某SNSを通じてのネットワーキングを手始めにしてみました。MBSでは学校側より提供されているMBSNetというオンライン上の学生コミュニティがあるのですが、これにアクセスするためのパスワードがなぜか私の許には届かず(学校側には何度も問合わせ中)、日本人同級生ともSNSを通じて出会いました。

MBSの良いな、と思うところは……出願中より思っていたことですが……質問に対して、忙しい日本人の在校生・卒業生が懇切丁寧に答え、助言してくれるところです。キャンパス・ビジットの折には卒業生が在学生を紹介してくださり、さらにその在学生の方が日本人在校生を全員集めてくださり、質問する場を設けてくださいました。こういったことは非常に心強いです。出願中は「日本人ネットワーク」というのは二の次ぐらいに感じていましたが、いざ進学となると、たて横のつながりの良さ=日本人ネットワークの強さというものも重要なファクターだな、と強く感じるようになりました。

木曜日には初めて同級生たちと顔を合わせました。参加者は4人(入学者のすべてではないようです)。どうしても顔を出さねばならない用が入ってしまい、残念ながら途中で抜けざるを得なかったのですが(すみません。。)、初対面ながら盛り上がり、これからの生活が本当に楽しみになりました。そしてこの場にいた全員が私費だったことに、私はちょっと安堵しました(笑)。

よろしければクリックを! 人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-05-19 15:57 | MBA準備

進学先決定!

合格校の中から進学校を決定し、本日正式にacceptしました。進学先はManchester Business School(MBS)です。

出願はMBSと合わせて三校しました。アイルランドのTrinity College MBA、そしてThe University of Edinburgh Management Schoolです。ありがたいことに三校とも合格を出していただきました。三校とも現地でインタビューを受けたため、キャンパス・ビジットしています。多くの方がキャンパス・ビジットの有用を説き、またキャンパス・ビジットをしてこそ分かることは確かに多くあると私も思います。これが合格にどれだけ益するのかは分かりませんが……。

まぁMBSはキャンパス・ビジット前後のイメージはあまり変わらなかったのですけど。

これからどんなMBS Lifeが待ち受けているのか、とても楽しみです。
[PR]
by meena_s | 2007-04-08 20:50 | MBA準備