<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Manchester Life

マンチェスターに来てから一週間が経ちました。なんとか元気に過ごしています。

現在、サマースクールに参加、大学の寮に住んでいます。キッチン・バス・トイレをシェアする中々ヘビーな環境(?)ですが、フラットメイト(というのでしょうか)が比較的大人なので、思ったより静かな環境です。ただ部屋でインターネットが出来ず、学校に行かねばなりません。。。

サマースクールは9:30~15:30(金曜日は9:30~12:30)で、ビジネストピックを中心とした英語を学んでいます。イメージ的にはPre Pre MBA、WritingやPresantation、Team workなどのスキルを得るのが目的です。例年、日本人を含めアジア人が多いらしいのですが、今年は日本人とグルジア人が大半を占めています。グルジア人、初めて会いました(笑)。

このサマースクールでMBAに向けての生活のセットアップをする人が多く、皆、住居探しや銀行口座の開設などで動き回っています。私は以前のエントリーの通り、日本から民間運営の寮を申し込んだのですが、まったく音沙汰がないので、不安になって(?)先日、直接乗り込んできました。いわく、書類は届いていたのですが、デポジット用に送ったクレジットカードの情報が通らなかったそうで……それならそうと連絡してよ! と思いましたが、そこはイギリスです(苦笑)。日本人Almuniに言われた「出たかイギリス!」という言葉を思い出しつつ、その場で契約してもらいました(行ってよかった)。この時、私はデポジットのみを請求されたのですが(つまり家賃はまだ払っていない)、一緒にこの場にいて、入居検討中だった日本人同級生が後から申し込みに行ったところ「家賃も払え」と言われたそうで……うーん、やっぱりシステムがよく分かりません。

さてさて、天気の悪いのは承知でしたが、ここまで寒いとは!と思うほどこちらは寒いです。持ってきた洋服があまりにも合わず、ダサダサの安コートを一枚買いました……寒いのには代えがたいのです、嗚呼。

人気blogランキング登録中です☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-06-29 21:22 | LBD-Summer School

出発進行

明日、ではなく本日いよいよ出発です。

慌しさと、不安と、そして思いもよらない寂しさ。期待よりもネガティブな気持のほうが強い今です。海外で生活することは幼い頃からの夢、その夢が叶うときなのですけど。

でも、今、飛び出さなければ、きっとこの先の人生で後悔する。そう思って決めた留学ですから、思う存分、海外での日々を味わいたいと思います。

マンチェスターから無事、ブログを更新できることを祈ります! 行ってきます!!

人気blogランキング登録中☆彡


[PR]
by meena_s | 2007-06-21 01:40 | ごあいさつ

出発準備 荷物など

出発前一週間を切り、カウントダウンが始まりました。

先日、MBSの卒業生の方が「合格者の集い」という壮行会を開いてくださり、同級生たちと顔を合わせることができました。今年のMBS日本人入学者はなんと十人! 一大勢力です。

同級生たちの間での中心話題は「住む所はどうする?」「荷物はどうやって送る?」。住む所に関しては、私は学校の目の前にある民間の学生寮を申し込みました。家賃が若干高いのが難ですが、学校からの近さと、部屋にキッチン・トイレ・バスが有り、ほぼフラットを借りるのと同等の生活が送れそうなのが決め手です。単身渡航は住居の点は決めるのが楽かな、と思います。家族同伴だと、どうしても寮というわけにはいきませんからね。

それにしても、まだ申込み段階(といっても一週間以上前にEMSで送った書類は届いているはずなのですが)、入居できるかどうか解らないので、荷物を送り出すことはできません。ヤマトなどの海外引越便を使えば、住所が決まるまで保管していてくれるサービスがあるらしいのですが、いかんせん段ボール20箱以上が引受基準のよう。。。いくらなんでも単身でそんな荷物はありませんがな。結局、郵便局の船便もしくはSAL便を使い、住所が決まり次第、実家から送ってもらうことになりそうです。

発送にあたって内容物の記載が必要なのですが、これが通関用invoice並の詳細さが必要なのか? 郵便局の窓口に聞いたところ「最近、通関は厳しいので、なるだけ細かいほうがいいと思いますが……でも詳しいことは税関に聞いてみてください」……なんて使えない答え!!! しょうがないので、奥の手、窓口業務をしていたことのある郵政省もとい郵政公社勤めの友人(いまの業務は国際物流メインだし)に聞いたところ、「多種に亘るなら代表的なものを書いてればいいよ」との返事。私はコレを信じることにします(笑)。

さて海外生活初めての身には、いったい何を持っていくべきなのか……どうも見当がつきません。物価+ポンド高を考慮してなんでも持っていってしまいたいのですが、送料を考えると?ですし。とりあえず、先輩からアドヴァイスされた「日本でなければ手に入りにくいもの」を中心に据えています。そう、特に文房具は大切なようです……「イギリスのセロテープは付かない!」と言われました(笑)。

お役に立てば、クリックください! 人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-06-17 16:16 | MBA準備

出発準備 VISAなど

書きそびれていましたが、6月25日にスタートするサマースクールに参加するため、6月21日に出国となりました。

引き継ぎというか、なんとなくダラダラと居続けた感もある(?)会社を5月末で辞め、さすがに6月。準備も本格化してきています。まずは書類関係を手配することから始めました。

○航空券

格安航空券の復路を捨てるというのは何故かできないため、片道航空券を買う予定でした。希望はシンガポール経由のSQ(=シンガポール航空)。経由地シンガポール(大好き)で一泊遊んでいこう!というプラン。……が、考えてみると、私は結構な数のUAマイレージを持っているのですね。問い合わせてみたら、なんとヨーロッパまでビジネスにも乗れてしまう! 荷物も多いし、いっそビジネスで……と思いましたが、すでに席が無く、エコノミーと相成りました。予約時点で往復取らねばならないので(でもこちらは復路捨ててもOK!)12月に帰国便を入れました。日本食が耐え難く恋しくなったら帰ってまいります~。

○クレジットカード

もちろん持ってはいるのですが、マイレージで航空券代が抑えられたことに気を良くし、UAのクレジットカードを作ってしまいました。学校や寮のデポジット(それなりの金額です)をクレジットで払うので、お得になるかな、と思っています。もちろん円建てなので、為替損益が気になるところではあるのですけど。

○お金

シティバンクを使っているので、海外送金とトラベラーズチェックで済ますことにしました。授業料や寮の家賃は海外送金、生活費はトラベラーズチェックです。前月だか前々月の預金残高が100万円以上あるとトラベラーズチェックの作成料無料とかいろいろとメリットがあるので、ありがたいです。あとはポンドがもう少し下がってくれるのを祈るだけ。。。

○VISA

イギリスの場合は楽だと思います。1)学校が出してくれる入学許可書、2)銀行の通帳(月次報告書)六か月分、3)大使館側の書類、4)写真、5)パスポートを持って半蔵門の英国大使館へ。午前中申請で午後には受け取ることができます。

しかしVISA発給のプロセスや基準はよくわかりません。まず1)2)は必ずコピーを持参のこと、とWEB上に明記されていたのですが「原本を見ますので、コピーはお持ち帰りください」(月次報告書は結構な枚数があったのに! そこらに捨てるわけにもいかないし……)と言われ、それから5)パスポートは旧パスポートも必要、とあったのをすっかり忘れていましたが、OKでした。そして6)書類。ちょっとわからないところがあったので、聞いて記入をしようと思っていたら、「特に記入漏れはありません」……そうなんですか。

今回、私が貰ったVISAは2009年10月末まで。MBSでは「International Buisness Project」というものがコースのメインでありまして、実際の企業をコンサルティングするため、世界各地を飛び回る(らしい)のです。しかしこの時点(2009年1~3月)でVISAが三か月残っていないと、イギリスに再入国できなくなります。そのため学校の入学許可書にも「7月のGraduation CeremonyまでのVISAを支給してもらうように」みたいな一文があります……Graduation Ceremonyの時点で残り三か月と勘違いして発給されたのでは???(ありがたいことではありますが/笑)

そんなわけで、よくわからないなーというのがVISA発給でした。でも列に並んでいる人で、「Conditional」な入学許可書のため、六か月までしか出せません、なんて人もいましたし、なんだか分からない理由で(主に外国人)断られている人もいました。当たり前かもしれませんが、それなりの基準はあるようです。……けど、そんなに心配することはないかなーというのが印象です。

それから「朝早く並ばなければいけない」なんてことを聞きましたが、そんなことはありません。私は10時に行って余裕でした!

○留学保険

イギリスへの留学生はNHSという日本の国民健康保険みたいなものに全員入れるので、要らないよ……と保険に入った後に先輩に言われてしまいました。もちろんNHSの存在は知っていたのですが、あまり使えないとも聞いていたので……でも結構使えるそうです。今年一年は入りましたが、来年は再検討ですね。

保険会社のパンフレットにあるような「ありもの」(いわゆるセットもの)の保険が一番目につきますが、地元やネット上での保険代理店が意外とパンフレットにないような良いプランを持っています。私もこういった保険代理店のものを使い、当初の予算の二割安ぐらいで済みました。問い合わせてみることをオススメします。

お役に立ちました? クリックください! 人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-06-10 16:00 | MBA準備

就職活動と方向性

就職活動が始まっています。

欧州のMBAでサマーインターンをするところは少ないようですが、MBSではちょうど一年位後の学期でサマーインターンが推奨されてます。もちろん、インターンができない社費の方もいますので、学校に残り、エレクティブの授業を受けるという手もあるのですが、私費のサマーインターンは必須という雰囲気です。

そんなわけでサマーインターンが当然と思われている多くのアメリカMBA行の人たちに交じり、まずはサマージョブ確保のための就職活動をし始めているわけです。

スタートは先週から。「MBA後の花形は投資銀行かコンサル」というセオリー(?)に従って、なんとなく某投資銀行の懇親会に参加してみました。ところが、あまり興味がわかないのです、これが(汗)。一社のみを見て「向いていない?」と判断するのもどうかな、と思って、昨日参加したジョブフェアでも別の投資銀行の紹介ブースに行ってみましたが、やっぱり……。どうもコンサルも同じような感じです。先様もあまり私に興味はないようですし(苦笑)。

逆に自分が「面白そう!」と思ったのは、実際にモノを作って、もしくは消費者向けサービスを生み出して、市場に提供している会社。特にマーケティングの部門では編集の職歴も買ってもらえそうです。

そんなわけで就職活動を通じて、なんとなくMBAで学びたいこと、学ぶべきことが見えてきました。マーケティング。

もちろん、この先、興味の対象が変わることはあるでしょうが、なんとなく「こんなことがしたいかも」というのが行く前に感じることができたという点で、就学前の就職活動はよい機会だと思います。「自分の方向性を見失わないでいられる」、これは大切なことだと思いますから。投資銀行・コンサルは確かに花形かもしれません。でも、いくら花形でも向いてないことに向かって一所懸命走っても辛いだけ……自分の方向性を大切に、進んでゆきたいと思います。

クリックください! 人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-06-03 17:03 | 就職活動