私のこれまで

というわけで、meenaのバックグラウンド紹介です。

そもそも、進学した大学からして、その先にMBAは選ばないでしょう……と思われる、M音楽大学。専攻は声楽科です。音大では自分の才能(のなさ)を思いっきり思い知るとともに、歌舞伎に興味を持ち出し、挙句の果てに?卒業後は某劇場にレセプショニストとして就職しました。二年間劇場に勤務した後、演劇雑誌を発行する出版社の編集部へ転職。五年半、編集部員として勤める中で、MBA進学を検討し始めました。

そんななか、伯父の会社(大型船舶向機械部品サプライヤー)から一年でも手伝ってもらえないか、との頼みがあり、どうせ留学で編集部を辞めるのだし、と伯父の会社で仕事をしながら出願準備、MBAコースの入学を目指すことに。結果として、ここでは様々なことが体験ができて、進学前の良い経験になりました(トップ写真は納品に行った飛鳥IIです)。

そんなこんなで二度目の転職から一年ちょっと、無事にMBAコースの合格をもらって、今に至っています……というか、こういう変遷を経ても、MBAへの進学は可能です(笑)。

Why MBA? それはまた次回にでも。
[PR]
# by meena_s | 2007-04-06 14:46 | プロフィール

口上

MBA受験もようやく終わり、三校から合格をいただいて、ただいま進学先を検討中です。

出願準備の最中、多くの方のブログを参考にさせていただきました。体験者のお話は非常に有益で、励まされたり、プレッシャーを受けたり……ありがたいことです。けれど、自分のバックグラウンドが普通の(何が普通か分かりませんけど)日本人MBA Aplicantとちょっと違ったため、私はAplicantとして本当に大丈夫なんだろうか……と思うこともしばしば(バックグラウンドは後々お話いたします)。ならば、自分の体験をフィードバックしてみようかな、と思い、ブログを開設してみました。

MBA進学を考える方が「こんな人もMBAに行くんだ、だったら私も大丈夫」と思っていただければ、幸いです。

ちなみにタイトルは合格が決まったとき「MBAへの進学も、きっとMBA Holderとなることも(なれるのか?)『はじまりのおわり』なんだろうな」と思ったことからつけました。

宜しくお願いします。
[PR]
# by meena_s | 2007-04-05 17:16 | ごあいさつ