Marketing

Marketingは前半と後半で教授が変わり、前半は主にB2B、後半はB2Cが中心になりました。前半の教授はマッキンゼーにいたこともあり、アカデミック・プラクティカルの両面が上手く組み合った、良い授業。毎週、ケーススタディのグループ・プレゼンテーションがあるのですが、この教授は非常に的を突いた突っ込みとクラスを上手く巻き込んだディスカッションをするので、毎回面白かったです。

後半の教授はアカデミック中心。B2Cで身近に感じられる話題が多いので面白かったとはいえ、プレゼンへの突っ込みはいまいち盛り上がりませんでした。

というわけで、成績評価はグループ・プレゼンテーションと4000wordsの個人レポート。レポートの今年のお題は課題論文を読み、適宜な一社を取り上げてその論文の主題(主にCustomer Relationship Management)についてDiscussせよというものでした。

Marketingは答えの出ないものなので、「これこれを学びました!」というのが非常に難しい教科だと思います。しかもこの授業ではサワリのみなので「Marketingってこんなものかな」というのが感想です。

……グループ・プレゼンが終わってしまうと、残りは個人レポート(しかもお題発表が早い!)なので、どうしても授業へのモティベーションが下がってしまったことを告白しておきます。。。すみません。


人気blogランキング登録中☆彡
[PR]
by meena_s | 2007-12-22 12:34 | Diploma Stage


<< Corporate Finance 冬休み >>